最終更新日:2019-05-19 19:30
19:30 よく校庭で遊んでる時に腹痛を起こし桜の大木とジャングルジムの間にあるボットントイレをよく利用しました
18:30 話しかけてくる内容をよく見てみたら、私の名前を呼んでたんだよ
17:30 母親とここ1ヶ月ほど連絡取ってないなってふと思って 週末に電話でもしてみるかってなんとなく考えてた
16:30 普通の月曜を休日と勘違いして寝ていた
19:00 仕事はエレベーターの保守点検で一通り点検を済ませて1Fから7F、7Fから3F、3Fから10Fって感じに適当な階から階へ移動して動きを確かめた
18:00 「おかえり、彼女出来たんだ。おめでとう!」 って言った近所の方
19:00 虐待を受けて育ったんだがどうしても耐え切れなくなって、家を飛び出した。
17:00 高校の頃、部活の合宿があって、某県の山里に行ってきた。特に変な噂は聞いてなかった。
19:00 今ではそこそこの知名度の千葉ニュー○ウンっていう新興住宅街の団地に住んでた
18:00 はじめての1人旅で大阪に行った時に不思議な体験をした
18:30 そこでさ、さっき幽霊みたいなもんにあったんだ
16:00 ばあちゃんの住んでいる地区で厄年のお祭りがあってあれはなんだったのか
17:30 小学校低学年の時に流行った遊びで今では再現出来ない遊び
16:00 一人暮らしの俺は悪夢から覚めてほっとした気持ちでなんとなしに机の下の辺りに目をやったんだ
16:00 俺は東京で、彼女が京都で、遠距離恋愛1年半。んで、京都に行くと、いろんなところで会うおっちゃんがいる
17:30 旅行がテーマのブログで写真も綺麗、文も読みやすく ファンも多いようでコメントが何件もついて賑わってた
18:30 日も落ちて空がだんだん暗くなっていく頃、目の前にとてつもなく違和感のある人影が傘をさして、こちらを向いて、立っている、微動だにしない
16:30 家は市内から離れた場所にあって小高い丘を切り開いたようで崖のようになっていて、 道路の片側に家が一列に並んでいる、特徴的な場所だった
18:00 やけに月が明るい日で窓が煌々と月明かりに照らされていた時、シンセサイザーでわざわざ作ったかのような 電子音がはっきりと聞こえてきた
17:00 深夜1時過ぎ頃だったか、寝ていたら「カーーーン」っていう金属音で目が覚め不思議に思って起き上って窓から外を見た
powered by シーズン